Asian Freediving Cup 2017

Asian Freediving Cup 2017

いつ&どこで?

大会は、6月3日から6月5日までの3日間連続して行われます。 場所はパングラオ島の北岸に位置するカリカサンダイブリゾートです。

大会競技用のプラットフォームは、海岸から約100mのところに固定されます。そこまで向かうのに、シャトルボートが行き来しております。

参加条件

すべてのレベルのフリーダイバーの参加を歓迎します。 条件は次のとおりです。

どのように参加、いくらか?

大会費用は250USドルです。これには、3日間の3回の公式ダイビングと、6月5日の夕食を含む閉会式が含まれます。 イベントに登録するには、大会ウェブサイト www.asianfreedivingcup.comから登録できます。

オンラインで登録フォームを完了した後、50%のデポジットを預かり、予約を確定いたします。 残りの大会費は、6月2日のイベントミーティングで徴収いたします。

キャンセレーションポリシー

オンラインで登録後、50%のデポジットを支払うための招待状メールが届きます。 3月1日までに入金がない場合は、登録が期限切れとなり、次のアスリートに優先順位をつけます。 デポジットを支払らったが参加できない場合、4月1日より前にキャンセルが行われた場合、デポジットを払い戻しいたします。

ウェイティングリスト

競技に参加可能な最大人数は45人です。 しかし、過去数年は、レジストレーションの開始後、数日以内にすべて予約が埋まりました。 応募がいっぱいになると、追加のお問い合わせのための待機リストを作成します。 登録された選手が3月1日の期日までにキャンセルするか、デポジットを支払わないと、待機リスに記載されているダイバーが優先となります。

大会ミーティング

競技者全員が出席しなければならないイベントミーティングがあります。 6月2日午後3時、Freedive Panglaoで開催されます。 持っていく必要があるもの:

診断書を持っていない人は、2:30〜3時に20ドルの手数料で医師による診察を受け、診断書を発行してもらいます。

すべてのアスリートの登録が完了したら、競技ルールの説明を行い、1日目のスタートリストを公開します。ミーティングは午後6時頃に終了します。

3パック大会とは

3つの競技日があります。

3日間の総合結果(その順序で行われる種目)で、上位3人のダイバー(男性/女性)を決定します。しかし、その日の種目は自由に決めることができます。 例えば、CNFの日にFIMダイビングをすることができます。 このダイビングはもちろんAIDAインターナショナルランキングにも表示されますが、大会内部のランク付けのためにその日はゼロ点となります。賞品を狙うのであれば、決められた日にその種目のダイブをする必要があります。

セーフティー

毎年同様、安全性を重視しています。 楽しくリラックスした時間を過ごすことができますが、同時に安全でプロフェッショナルなイベントを企画したいと考えています。 安全対策は次のとおりです:

海のコンディション

フィリピンでは、5月と6月は通常、フリーダイビングにとって最高の月です。 とても穏やかな海面で風がほとんどないです。 水温は29〜30度になります。 この温度は約50mの深さまで一定であります。 それより深い深度は1度下がるほどです。 90m以下では、通常は26度以下になります。 予想される透明度は25〜30mです。 私たちは、最短時間でダイビングのスケジュールをするために最善を尽くしています。

賞品とスポンサー

過去数年と同様に、私たちは再び多くのスポンサーを得ることができてとても恵まれており、大会の最高のダイビングを賞賛するためにいくつかの非常に高品質な賞品を提供しています。

6月5日の閉会式では、多くの賞とサプライズが待っています!

ご不明な点がございましたら、 info@freedive-panglao.com まで日本語でお問い合わせください。

6月に皆さんにお会いできるのを楽しみにしております